大きな畑(自然栽培移行中1年12ヶ月目)は、2017年から自然栽培の畑になります。

大きな畑(自然栽培移行中1年12ヶ月目)は、2017年1月から、自然栽培の畑になります。

自然栽培に法的な根拠は、ありません。

青森県のりんご農家の木村秋則さんが、自分のりんご園で試行錯誤の上、確立した栽培方法です。

具体的に、肥料、農薬、除草剤を2年間以上使用してない畑で、肥料、農薬、除草剤を使用しないで、作った作物を自然栽培と言います。

この2年間というのは、木村さんの経験から導き出されたものです。

私は、大きな畑(自然栽培移行中1年12ヶ月目)のように、書いていましたが、2017年からは、移行中ではなく、自然栽培と書けます。嬉しいな〜。

七つに区分した畑を有効に活用するのが次の目標です。

七つに区分した畑ですが、全部を有効利用できていない現実があります。

855年は、全部がうまく回るようにしていきたいと考えています。

七つに区分して以降、1日にできる仕事量がはっきりわかってきたので、ゆっくりながらも全部活用はできると考えています。

土を耕して種をまく、このような暮らしが、私をとてもhappyにしてくれます。

種のまきかたに一喜一憂し、成長過程も成長して実が熟したときも一喜一憂しています。

年を追うごとに、良い土になってくれると信じています。

できた野菜についても、安全で安心だと思っています。

味は、食べてくれる人の判断になりますが、

私は、自分の畑で採れた野菜は美味しいと思ってます。

そして、何よりも、この畑から元気をもらっている私です。

Posted from SLPRO X for iPhone.

投稿者プロフィール

八木裕子
八木裕子
当ブログを訪問してくださりありがとうございます。

私は、千葉県匝瑳市在住で、自然栽培で野菜を作っています、八木裕子です。

長いこと公務員をしていましたが、2012年3月に退職し、木村秋則自然栽培ふれあい塾で自然栽培について学び、現在もその自然栽培にこだわった農業をしています。

詳しくはこちらをご覧ください。